公益財団法人 電通育英会
公益財団法人 電通育英会

リーダー育英塾 特別オンラインセミナー情報発信・助成事業
コロナ禍を乗り越えるスクールリーダーシップ~いかに学びを継続させるか~

7月15日(水)より参加者募集予定

電通育英会では、「高大社連携を意識したトランジション教育改革」を高等学校・大学で推進していく「次世代リーダー」の育成を目的とした「リーダー育英塾」の活動を行っております。
今回のコロナ禍では、学校教育に関わる教職員の意識と行動力でその対応に大きな差が生じております。そこで、積極的な対応策を講じてこの難局の中でも生徒・学生の人材育成を進めることに成功した事例を、教育関係者を中心とした人材育成関係者と情報共有し、今後のトランジションによる教育改革を担う人材育成の一助とすべく「リーダー育英塾 特別オンラインセミナー」として開催いたします。

日程 2020年8月15日(土)、16日(日) 2日間連続
両日とも、13:00~16:00
手法 オンラインセミナー (ZOOMミーティング)
募集概要

【募集対象者と人数】

中学校・高等学校・大学の教職員および教育関係者等 400名程度

【募集時期】

2020年7月15日(水)予定(定員に達した時点で募集を締め切ります。)

【申込方法】

当ホームページの『申込フォーム』に必要事項を記載してお申し込みください。
募集条件と照査して、参加いただける方にその旨をメールにて通知いたします。

【参加費】

無料

主催 公益財団法人 電通育英会
監修 溝上 慎一(学校法人桐蔭学園 理事長/桐蔭横浜大学 学長・教授)、中原 淳 (立教大学 経営学部 教授)

プログラム

【1日目 8月15日(土)】

13:00~13:10 「リーダー育英塾」の活動内容と特別オンラインセミナーについて(溝上慎一)
13:10~13:40 講演「高校大学のスクールリーダーはコロナ禍にどのように立ち向かったか」(溝上慎一)
13:40~13:55 ブレイクアウトセッション
13:55~14:10 代表グループの発表と講評
14:10~14:20 (10分間休憩)
14:20~14:50 講演「緊急事態下のリーダーシップ:ウィズコロナ時代、学びを再びとめない!」(中原淳)
14:50~15:05 ブレイクアウトセッション
15:05~15:20 代表グループの発表と講評
15:20~15:30 (10分間休憩)
15:30~16:00 1日目の総括(溝上慎一・中原淳)

【2日目 8月16日(日)】

13:00~13:10 昨日のおさらいと課題総括(溝上慎一)
13:10~13:40 事例紹介「ウィズコロナに組織で対応する - 引っ張り支えるリーダーシップとは -」
森 朋子(桐蔭横浜大学教授・副学長)
13:40~13:55 コメント(溝上慎一・中原淳)
13:55~14:10 ブレイクアウトセッション
14:10~14:20 (10分間休憩)
14:20~14:50 事例紹介「コロナ禍で問われるミドルリーダーの役割とは - 大阪私学の実践から -」
北村 恭崇(大阪高等学校 教員)
14:50~15:05 コメント(溝上慎一・中原淳)
15:05~15:20 ブレイクアウトセッション
15:20~15:30 (10分間休憩)
15:30~16:00 明日から何をするか(中原淳)

※プログラム内容は変更になる場合があります。

お問合せ

公益財団法人 電通育英会 リーダー育英塾 安藤

MAIL:chosa@dentsu-ikueikai.or.jp

TEL: 03-3575-1386 ※受付時間:9:30~17:30(土日祝日を除く)

※なお、当財団では当面の間、在宅勤務を中心とした業務体制を継続しておりますので、できる限りメールにてお問合せいただきますようお願い申し上げます。