奨学事業

奨学事業

50年を超える歴史、延べ3500名を超える奨学生の実績
現在の奨学生数:大学奨学生352名、大学院奨学生14名(2019年4月現在)

電通育英会の奨学生の歴史は、1965年(昭和40年)に15名の奨学生を採用することに始まります。
当初は貸与型奨学生として、2009年(平成21年)までの44年間に計2513名の大学奨学生へ貸与を行いました。
2009年からは高校時予約の給付型奨学生として、2019年(平成31年)までに計725名の大学奨学生へ給付を行っております。
また、2006年(平成18年)からは給付型の大学院奨学生を採用し、2019年(平成31年)までに計302名の大学院奨学生へ給付を行っております。
※2006年から2015年までの大学院留学奨学生78名への給付を含みます。
当財団の奨学生の実績は、累計で3540名(2019年4月現在)となります。

pageTop