人材育成への助成事業

助成事業例

2017年度 助成団体 / 活動

大学・学生枠

学生団体GEIL

学生のための政策立案コンテスト
毎年、春・夏に政策立案コンテストを開催。2017年のテーマは「労働」として、様々なバックグラウンドを持つ初対面の学生同士が議論し、 官庁訪問等を通して現場と行政の意見や立場を認識しながら政策立案に臨み、社会人への最終プレゼンテーションを行う。社会問題に向き合い、将来的に解決していける人材の輩出を目標としている。

NPO法人 サイエンスリンク

サイエンスリンクフェスタ
サイエンスリンクフェスタは、運営から出展まで全て大学生主体で行う「科学を伝える活動」(サイエンスリンクコミュニケーション)を目的としたイベントである。 大人や高校生を招き、出展する大学生の団体が普段行っている活動を披露し合い、互いの活動を深く知ることにより刺激を受け、自主性や他者と協力して取組む能力を育むことに繋がると考えている。

東洋大学 加子母 木匠塾

学生による地産材を利用した体験型木造建築実習
全国の参加大学学生とともに、合同合宿を行いながら、加子母村地域の要望に基づき、祭り櫓、空家改修等設計から施工までの木造建築実習に取組みながら、地域住民との交流を通じて森林環境保全課題を理解し、農山村での暮らしを体感。 2017年度は地域との絆を更に深めるため、中学校図書室の木質化、農機具小屋改修、古民家リノベーションに取組む。

法政大学市ヶ谷ボランティアセンター「チーム・オレンジ」

学生の力を活用した東日本大震災復興支援プロジェクト
東日本大震災直後の2011年4月から、「被災地のために何かしたい」という学生が集まり結成された「チーム・オレンジ」を中心として30回以上の被災地ボランティアを実施。 学生が主体的に考えた内容を盛り込み、現地NPO法人と協業しながら学生だからこそできる支援を行い、震災の記憶を共有しつつ、風化防止の一助となることを狙いとする。

まつだい早稲田じょんのびクラブ

十日町市松代・早稲田交流プロジェクト
新潟県十日町市松代地域及び十日町市蒲生集落において、大学生ならではの力を生かした地域の子どもたちへの学習支援、地域行事の手伝い等を通し、地域住民との交流を続けている。 その場限りの地域貢献ではなく継続的に貢献することで、長期的な地域活性に努め、学生に地方についての学びの場を提供することを目指している。

立教大学コミュニティ福祉学部
東日本大震災復興支援プロジェクト

陸前高田交流プログラム、気仙沼・大島交流プログラム、いわき交流プログラム
東北被災地各地域において、災害公営住宅や仮設住宅の子どもや高齢者の方々を定期的に訪問し、交流会を実施。 また、現地の被災・復興状況の定点観測等も行う。本プロジェクトの活動を通じて震災の記憶の風化防止に貢献し、活動の経験を生かし学生に復興の智恵を継承していく。

早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター

気仙沼における復興支援と地域・コミュニティーづくり(早稲田大学気仙沼チーム)
2011年より開始された気仙沼市における仮設住宅支援を中心とした活動から、復興支援活動のフェーズが変わっていくことに伴い、観光支援や高校生向けの進路・学習イベントも行う。 観光支援については、同市の観光課・観光コンベンション協会等行政からも格別の信頼を得て活動している。

一般枠

NPO法人 エデュケーション・ガーディアンシップ・グループ

海外高校生と日本人高校生による国際フォーラム及び国際交流フェア
海外高校生による日本語スピーチコンテスト及び異文化交流プログラムを21年間実施。2017年度は新たに世界各国と日本の高校生同士がより深い社会問題について意見交換し、異文化理解を深めるために「国際フォーラム・国際交流フェア」を実施する。 高校生だけではなく、このプログラムを支える大学生ボランティアにも企画運営を通じた成長をサポートし、リーダーシップを発揮できるよう育成を行う。

NPO法人 大学宇宙工学コンソーシアム

The 8th CanSat Leader Training Program (CLTP-8)
超小型模擬人工衛星(缶サット)を使ったトレーニングの指導者養成訓練プログラムとして、これまで32か国から参加があり、発展途上国でも実施可能な宇宙工学の実践的教育方法を広めている。 2017年第8回目では、新トレーニングキットを導入し、初めて日本の大学生にも門戸を開き、海外研修生と共に学ぶ機会を提供し、国内外で指導できる人材を育成する。

一般社団法人 日本学生会議所

大使館・国会議員インターンシップ派遣事業、講演会・シンポジウムの企画運営活動
創立以来「学生と社会の信頼関係を構築する」という理念の下活動。会員メンバーは全て学生のみで構成されている。 大使館・国会議員事務所からのインターンシップ派遣要請に応じて学生を募集・選考し、年間3回派遣している。また、各国大使館・国会議員の協力の下、学びの契機となる講演会等も企画運営している。

NPO法人 BOON

こんぺいとうゼミ ~教員志望の人材育成講座~
生活困窮家庭の子どもたちへの学習支援ボランティアに参加する教員志望の大学生・大学院生を対象に、勉強会を開催する。 「社会人としてのマナー」「不登校・いじめに関する講座」等を学び、社会に出る不安を少しでも取り除き、社会人や教員としての基礎力が十分に身についていないまま教育に携わることなく、 職務を実践できる力を育成する講座を実施。

認定NPO法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

国際理解教育ユースファシリテーター育成事業
国際協力に興味のある大学生・高校生をファシリテーターとして育成し、依頼を受けた公立学校での出張授業や、トレーニングキャンプへの参加を通して、国際協力や地域社会の問題を解決するために行動を起こすことができる人材を育成する。 2017年度は熊本震災後の心のケアワークショップや、関西エリアでの出張授業にも力を入れる。

NPO法人 ユースコミュニティー

学習支援を通じた社会貢献に取組む学生ボランティアのリーダー育成プロジェクト
生活保護家庭など、経済的な理由で塾通いが困難な小・中学生の学習支援教室にて、ボランティアとして活動する大学生に対し、質の高い学習スキルを育成するために、元教員をはじめとする講師による幅広い研修を導入する。 これらの経験がこれからの社会を担う大学生の人格形成や社会性の確立に寄与すると考える。

2016年度 助成団体 / 活動

   
助成金額100万円

特定非営利活動法人 湘南市民メディアネットワーク

NPO活動の広報支援に向けたプロモーション映像制作と
NPO映画祭の企画運営と参加
学生がNPO法人を取材してCMを製作し、NPO映画祭に応募する活動を通して、コンテンツ制作技術の基礎を身に着けながら、課題や問題に直にふれあい仲間と協働することの大切さを学ぶことで、学生の社会力育成に寄与する。

公益財団法人 ジェスク音楽文化振興会

第37回 霧島国際音楽祭2016
「技術的にも人間的にも自立できる音楽家を育てること」を理念に、国内外から優れた音楽家を招き、音楽を志す若い世代の指導(マスタークラス)とコンサートを鹿児島県内全域で展開し、音楽文化と国際交流に寄与することを目指している。

日本YWCAひろしまを考える委員会

ひろしまを考える旅2016
核兵器による惨事を二度と繰り返さないために、広島の地で若い世代と平和の大切さを学ぶ学習プログラムを実施。「ノーモア・ヒロシマ」のメッセージを改めて受けとめ、今の日本だからこそできる世界への発信を考える。

特定非営利活動法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

公立学校無料出張講演事業
国際理解教育ユースファシリテーター育成事業
高校生以下に対して出張授業を実施し、国内外の問題に目を向け、解決するにはどうしたらよいか自ら考える姿勢を向上させるとともに、国際協力に興味のある高校生や大学生をファシリテーターとして育成する。

特定非営利活動法人 僕らの一歩が日本を変える。

若者と政治に新しい出会いを届ける「票育」プログラム
現代に求められる新しい政治教育の総称とする「票育」を日本全国の22歳以下の若者に普及し、 地域や社会の課題を発見する力・その課題へのアクションの選択肢を生み出す力を養うために地域団体等の協力のもと行うオーダーメイド型出前授業。

特定非営利活動法人 POSSE

高校・大学における労働法教育事業
労働法の実践的知識を学生に普及させることを目的として、高校・大学における学生向けの出張授業や教育関係者向けの講演・セミナー・無料冊子配布を行う。とりわけ、昨今問題となっている「ブラックバイト」への対策に力点を置く。

特定非営利活動法人 ReBit

LGBT教育におけるリーダー育成
大学生を中心とする20代のLGBTの若者がスピーカーとなり、人・性・家族の多様性について、参加者の理解を深めることを目的に、小学校から大学までの教育機関・行政・企業等を訪問し、出張講座を実施する。

早稲田大学 平山郁夫記念ボランティアセンター

東日本大震災復興支援プロジェクト 「三陸つばき」
震災時の津波により倒木・流木化した気仙沼市の防潮林を再生し津波に強いものを作るため、被災した地元市民の方々に慣れ親しまれているツバキを育苗し植樹する、未来の生命と財産を守る森づくりを目標とする支援活動。

助成金額50万円

学生団体GEIL

学生のための政策立案コンテスト
全国から学生を募集し、春・夏それぞれテーマを設け政策立案を行う。公共の視点を意識した議論を行うことに加えて、省庁訪問や、現場・政策作成者両面から話を伺う等して最終日に発表を行い、よりよい社会を創り出す学生を育成する。

東京理科大学 機械工学研究会 TUS Formula Racing

学生フォーミュラプロジェクト
学生がフォーミュラスタイルの競技車両の開発を通して実際のものづくりに触れ、自動車技術や産業の発展に資する人材を育成することを目的とする。チーム活動や実践的工学を学び、全日本学生フォーミュラ大会にて総合優勝を目指す。

立教大学コミュニティ福祉学部
東日本大震災復興支援プロジェクト

石巻・女川ツアー
石巻交流プログラム
宮城県石巻市・女川町にて被災と復興状況の視察や地域行事への参加、住民との交流を過去7回実施し、今回は「女川町復幸祭2017」へ参加し地元イベントを盛り上げると共に、 石巻市で被災した介護事業所にて高齢者と交流を深めながら復興への歩みをサポートする。

2015年度 助成団体 / 活動

助成金額100万円

日本YWCAひろしまを考える委員会

ひろしまを考える旅2015
核兵器による惨事を二度と繰り返さないため、若い世代と平和の大切さを学び、考え、共に平和な世界を実現したいとの願いのもと、広島の地で実施する平和学習プログラム。

NPO法人 大学宇宙工学コンソーシアム

UNISECワークショップ2015
超小型衛星及びロケットなどの宇宙工学研究及びそれらの利用に関する実践的研究を行っている国内の大学・高専等の学生と彼らを指導する教員及び学生OBが一堂に会する。

NPO法人 ハナラボ

学生記者養成プログラムの開発と普及事業
学生記者養成プログラムを整備し、大学生に記者としてのスキルを学んでもらい、取材活動を行う。

早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター

東日本大震災復興支援プロジェクト
「学習・健康支援プログラムと風化防止の試み」
2011年以降、多岐にわたる復興支援活動を継続実施してきたが、今回の活動はそれを学生ならではの利点を生かして重点化したものであり、
また東京など被災地以外での情報発信などを通じた支援活動・風化防止活動である。

中央大学ボランティアセンター

防災を伝承し地域を巻き込む学生の「触媒力」向上プロジェクト
~三陸、KOBE、そして多摩の事前復興へ
東北被災地の学びに、震災20周年を迎えた神戸の学びも加え、また多摩での現場活動に取り組むことで地域における社会資源をネットワーク化して行く学生の触媒力向上を目指す一連プログラムを行う。

上智大学ボランティア・ビューロー

東日本大震災復興支援ボランティア事業
自主的な復興支援活動を支える交通費補助を実施。さらに、支援経験を踏まえて現地の課題を汲み取りながら、主体的な活動へと昇華できる補助・促進の仕組みを創設。 また、特定の地域・人々との交流を深めることで復興支援を身近なこととして考える契機となっている福島県飯館中学校での学習・部活動支援を実施。

助成金額50万円

NPO法人 フリースクール全国ネットワーク

フリースクールスタッフ・不登校支援者養成連続講座in山口
山口県宇部市にて現地のフリースクール、大学と連携し、フリースクール等の民間の教育機関で働くことを希望する学生、教員志望の学生等を対象とした連続講座を開催する。

NPO法人 ピルコン

児童養護施設における性教育教材開発事業
自尊感情や学習意欲が低い子供達が、どのように性情報リテラシーを身につけ、性の健康リスク予防行動につながるかを調査しながら、リスクの高い子供向けの小冊子教材を作成し、希望施設に無料配布することを本活動のゴールとする。

立教大学コミュニティ福祉学部
東日本大震災復興支援プロジェクト

①学生支援局 Three-S企画「石巻・女川・南三陸ツアー」
「石巻・女川ツアー」の活動で得たノウハウを生かして、新たに「南三陸ツアー」を企画。
②立教大学新座キャンパス学園祭 IVYフェスタ「第5回東北写真展」
上記の活動を通じて学んだ成果を広報誌「きずな新聞」にまとめ、学園祭の「東北写真展」で学生と市民に発信する。

法政大学ボランティアセンター「チーム・オレンジ」

被災地スタディーツアー
被災地に足を踏み入れたことが無い学生を主なターゲットに「ボランティア」よりもハードルの低い「スタディーツアー」を継続し、被災地に関心を持つ学生の裾野を広げ、また被災者の悲願でもある風化防止の一助となることを狙う。

公益財団法人 ジェスク音楽文化振興会

第36回霧島国際音楽祭2015
国内外から優れた音楽家を招き、音楽を志す若い世代の指導(マスタークラス)とコンサートを開催することによって、音楽文化と国際交流に寄与することを目指している。

2014年度 助成団体 / 活動

助成金額100万円

中央大学被災地支援学生団体

復興支援活動を通じた、地域防災リーダー育成プロジェクト
被災地域での支援活動を継続しながら、災害の教訓を集めて整理し本学所在地域などに還元するための「防災ゲーム」を開発する。その作成過程で学生の防災力及びリーダーシップを高め、防災リーダーの育成を目指す。

NPO法人 さいたまNPOセンター

彩の国 NPO・大学ネットワーク インターンシッププログラム
NPO・大学が連携してNPOへのインターンシッププログラムを開発し、参加を希望する学生と大学のコーディネートを行う。学生が地域課題やNPOと関わることで「地域に貢献できる人材」の育成を目的とする。

NPO法人 学校インターネット教育推進協会

次世代の情報社会を担う人材育成プロジェクト
高校生向けIT業界のプロフェッショナルによる出前授業+MOOC
高校生を対象にIT業界のプロフェッショナルによる出前授業を行い、ビデオ収録しMOOCとして展開。高校生がいつでもどこからでも授業を視聴することが可能となる。

NPO法人 ピルコン

LINK LIFE of YOUTH (LILY/リリー)プログラム
(正しい性の知識に関する普及啓発事業)
高校生を対象に、大学生が身近な立場から、自分の将来を守るために必要な知識として性やライフプランニングについてわかりやすく伝える。

上智大学ボランティア・ビューロー

東日本大震災復興支援ボランティア事業
復興支援ボランティア活動を通じて学生の成長に寄与する目的で、2014年度も復興支援ボランティア活動を行う学生に交通費や宿泊費の支援を行う。

助成金額50万円

NPO法人 I am OKの会

発達障害児への遊びと学びの支援を通した人材育成事業
大学生・大学院生による障害児支援活動
1. 遊びを通した発達支援活動
2.グループワークを通した心理的発達支援活動

NPO法人 キズキ

学校中退の引きこもりの経験・不登校・発達障害等困難を抱える子どもへの学習支援と、その支援経験の事例をまとめ集作成を通じた、学生の人材育成事業
社会問題に関心のある大学生が、高校中退・引きこもりなど困難な状況を経験しながら「受験を通じて人生をやり直したい」と考える子どもに高校認定試験・大学受験の指導の他、不登校の中学生や発達障害の小学生の学習支援をする。

NPO法人 アクションポート横浜

NPOインターンシップ事業~学生の活動体験レポート作成
学生目線でNPOの情報を発信し、多様な社会参加を支援。地域密着型のインターンシップ事業。思いある学生達の地域社会への第一歩の支援。

法政大学ボランティアセンター「チーム・オレンジ」

岩手・宮城 被災地スタディーツアー
被災地に足を踏み入れたことが無い学生を主なターゲットに、「ボランティア」よりも敷居の低い「スタディーツアー」を企画・実施し、被災地に関心を持つ本学学生の裾野を広げることを目的とした。

リカバリーキャラバン隊

精神障害者のリカバリー支援者養成
対人援助職を目指す学生に、新しい支援概念リカバリーに基づいた支援方法の実際を学ぶ場を提供し、就職活動を容易とすると同時に就職後に即戦力となりえる学生を養成する事業。

2013年度 助成団体 / 活動

助成金額100万円

国立大学法人 東京学芸大学環境教育研究センター

環境教育リーダー養成講座
教育を学ぶ大学生を対象に、大学カリキュラムとは別に指定した、環境教育リーダー養成講座である

立教大学 コミュニティ福祉学部

復興支援を通しての人材育成“被災地が育てる学生、学生が育む復興支援”
大学生の復興支援団体「Three-S」が、現地活動を通じて、ボランティアバス企画や避難者・定住支援等の活動を主体的に行っている

東日本大震災復興支援プロジェクト

ワカモノ感育学校 ~里守プロジェクト~
研修会と里山キャンプ等を通じて、人×自然、都市部×里山、グローバル×ローカル、過去×未来を有機的につむぎ、環境と経済が両立した未来を切り拓く若者達を育成する

NPO法人 藤沢市市民活動推進連絡会

学生のボランティア情報提供とマッチング事業
ウェブとフリーペーパーの連動で実施するボランティア情報発信と現場へのマッチング事業。学生にとってわかりやすく加工、提供することがポイント

NPO法人 あそびっこネットワーク

プレーパークでの「ボランティア体験」と「プレイワーク研修」を通しての人材育成事業
子どもに関る職業を目指す学生をボランティア体験やプレイワーク研修を通して子どもと関る中でその時々の状況に合わせて適切な対応ができる実践力のある人材に育成する

助成金額50万円

早稲田大学(WAVOC)

他者との出会いから育むグローバル人材活動
大学生に対し独自の人材育成手法としてのWAVOCメソッドを援用し、新興国で活躍し得るグローバル人材の育成を目指す

NPO法人 かものはしプロジェクト

子どもが売られない世界をともにつくる、活動理解促進・対話型コミュニケーションイベント「かものはしダイアログ」
「子どもが売られない世界をつくる」をミッションとして児童買春問題に取り組み、活動理解の促進と支援者の貢献の方法を見出すことを目的に対話形式のイベントを開催している

NPO法人 勉強レストランそうなんだ!!

知的障害児・者を対象とした支援事業の企画・運営を通した人材育成プログラム
「そうなんだ発見教室」、「自立支援講座」の二つを活動の柱として学生メンバーによる実行委員会を設置し、大学生のビジネススキルを磨くとともに知的障害児・者への理解を深め、共生社会に寄与する人材を育成する

NPO法人 キズキ

学校中退・引きこもり経験者への学習支援を通じた人材育成事業
社会問題に関心のある大学生が、高校中退・引きこもりなど困難な状況を経験しながら「受験を通じて人生をやり直したい」と考える子どもに高校認定試験・大学受験の指導をする

東日本復興支援団体 チーム次元

チーム次元の次元開展プログラム
大学生をHPやFacebook等で募り、被災地の宮城県気仙沼大島に引率し参加してもらうことで、被災地の現状や問題を身近なものとして感じてもらうことを目指している

リカバリーキャラバン隊

精神障害者のリカバリー支援者養成講座
対人援助職を目指す学生に、新しい支援概念リカバリーに基づいた支援方法の実際を学ぶ場を提供し、就職活動を容易とすると共に就職後に即戦力となりえる学生を養成する事業

2012年度 助成団体 / 活動

助成金額100万円

明治学院大学ボランティアセンター

「明学・大槌町吉里吉里復興支援プログラム」におけるPDSAサイクルの導入を通した、社会的インパクトと学生の学びと成長の促進
東日本大震災の復興支援活動の社会的効果と学生の学びと成長を高める為に、事前準備や事後活動をPDSA活動として構造化すること。活動の成果をフォーラムや報告書にて発表し活動の意義と課題を検討する

NPO法人 アクションポート横浜

NPOインターンシップ事業
インターンシップに思いのある学生の活動を応援し、地元のNPO・企業などで一定期間活動し専門的人材を育成を目的とする地域密着型のインターンシップ事業

NPO法人 3Keys

学び場づくりプロジェクトin 児童養護施設
貧困や虐待という恵まれない環境で育ち児童養護施設に入所する子供達に焦点を当てて学生が学習環境を提供することにより問題解決力育成につながる教育支援活動

NPO法人 16歳の仕事塾

16歳の仕事塾プロジェクト
高校生が将来を見据えた進路決定をするめに第一線で活躍する社会人講師による高等学校での出前授業を行い「学校から仕事へ」の移行を円滑に行うためのキャリア教育支援事業

NPO法人 コドモ・ワカモノまちing

ワカモノ感育学校 ~ワカモノの力は∞だぜ!~
首都圏の大学生を対象に里山キャンプを通じて(1)感じる力、(2)つながる力、(3)創造する力、(4)グローカルな視点、(5)日本の担い手、の5つを育成するための活動

NPO法人 スマイルクラブ

障害者のための大学生スポーツボランティア養成横浜モデル事業
知的障害児の運動が指導できる大学生ボランティアの人材を養成するための委員会の設置及び開催。障害者への理解や大学間の交流等、大学生の育成に寄与するプログラム

助成金額50万円

NPO法人 勉強レストランそうなんだ!!

知的障害児を対象とした発見教室の企画・運営を通した人材育成事業
大学生が知的障害を持つ小中学生を対象に夏休みから翌年3月までの複数の「発見教室」(授業)を開催し学習機会を与えると同時に大学生自身の育成に繋がる教育支援

NPO法人 キッズドア

教育での社会貢献に取組む学生ボランティアのリーダー育成事業
優秀な学生が学習困難に陥っている中学生に対し学習指導のボランティアリーダーを育成するための研修活動。これにより大学生の社会貢献マインド向上や社会課題解決力育成となるプログラム

NPO法人 POSSE

生活困窮者支援ボランティアを通じた人材育成事業
学生が福祉・生活支援に関する専門的なスキルを身につけることを目的としたプログラムを実施。プログラムを通じ貧困問題の現場や政策の場で活躍する専門家を輩出する

NPO法人 非行克服支援センター

非行少年に対する若者ボランティア支援者養成講座
非行少年と年齢の近い大学生・大学院生達が非行少年と寄り添い支援するための知識を学び、同じ目線で支援できるボランティア養成講座を開催する

「環境・持続」研究センター

政策形成・提言能力強化のための実践的研修及びインターンシップ事業
研修ワークショップ開催やインターンシップを通じて環境・開発政策に興味・関心の高い大学生・大学院生を対象に実践的に政策形成・政策提言能力を強化する目的の事業

pageTop