IKUEI NEWS vol81
24/44

電通育英会の海外留学・活動支援制度を利用した奨学生座談会交通、情報網の発達で、世界は躍動感をもって一つになろうとしています。しかし、日本では言葉の壁が今なお立ちはだかり、真のグローバル化は滞っています。今回は、電通育英会の奨学生の中から、言葉の壁を乗り越え、グローバルの扉を開けた4名にお集まりいただき、「扉の向こうに見えたもの」について話し合ってもらいました。京都大学経済学部 2年永野 良明 さんかずあきみゆきゆいたから一橋大学社会学部 4年大久保 宝 さん東京外国語大学国際社会学部 3年加藤 心雪 さん神戸大学大学院人間発達環境学研究科前期課程 2年田中 維 さんグローバルの扉を開けて見えたもの異文化・異言語に接して知る、コミュニケーションと相互理解の大切さ出席者(写真左から)21

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る