IKUEI NEWS vol.78
28/40

461881(明治14)年、東京大学出身の青年理学士ら21名によって「理学の普及を以て国運発展の基礎とする」ことを理念として設立された東京理科大学。「実力主義」の伝統の下、136年の歴史を通じて優秀な理系人材を輩出し続けています。東京理科大学学長に聞くふじあきらしま藤嶋 昭 学長/工学博士京理科大学の9代目学長である藤嶋昭さんは、「光触媒反応」を世界で初めて発見した研究者でもあります。学長として大学運営に携わる一方で、教育者として教壇に立ち、そして研究者として飽くなき探究心を持ち続けています。さらには多彩な執筆活動など、その熱意はとどまるところを知りません。東京理科大学が理系を志す学生の目標で在り続けるための取り組みを行っています。東25

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る