IKUEI NEWS vol.77
6/40

 では、いまの大学生は資格に対してどんな意識を持っているのでしょうか。一般社団法人日本私立大学連盟が4年毎に実施している調査では、大学生の興味・関心事の1位は「大学の勉強」。2位の「クラブ・サークル活動」に続き、3位に「資格の取得」が入っています(図2)。年度別に見ても2006年、2010年と、常に3位以内に「資格の取得」は入っています。大学生にとって、資格はどの時代でも興味・関心が高いことがうかがえます。 大学生がここまで資格に注目している理由は、主に「就職活動への準備」にあるのでしょう。京都大学高等教育研究開発推進センター、東京大学大学総合教育研究センターと電通育英会が共同で行った「大学生のキャリア意識調査」では、「あなたは就職に備えて、大学で専門の勉強をする以外に、何か資格を持っておくことが必要だと考えていますか」との問いに、どの年も7割以上の学生が「とても必要だと思う」、「まあまあ必要だと思う」と答えています(図3)。編集部インタビューにご登場いただいた、法政大学の児美川孝一郎教授も、就職に不安を感じる学生たちが資格を取ろうとする、と述べています(5〜6ページ参照)。つまり、大学生の資格取得は、就職活動と切り離せないものなのです。 しかし、就職活動において、資格取得は本当に必要なことなのでしょうか。株式会社ハンゾー代表取締役の太田芳徳さんは、本特集寄稿の中で「資格がないと就業できない仕事でない限り全く資格は必要ありませんし、就職活動も有利にはなりません」と断言しています(13〜14ページ参照)。 株式会社リクルートキャリアの就職みらい研究所が行っている就職に関する調査による、企業就職において資格は本当に必要?大学生の資格に対する意識〈図2〉 大学生が現在、興味や関心を持っていること・行っていること一般社団法人日本私立大学連盟「私立大学 学生生活白書 2015」より資格の取得大学の勉強クラブ・サークル活動アルバイトスポーツ旅行読書就職活動音楽・美術・演劇起業パソコン・インターネット車・オートバイN.A.その他宗教活動自治会活動美容・健康・ファッション友人との交際大学院進学留学ボランティア活動051015202521.522.923.122.121.922.220.720.419.811.69.412.89.48.811.612.411.211.513.215.811.313.813.710.89.710.09.711.08.48.16.16.67.68.17.17.57.46.35.62.73.53.96.24.83.63.93.62.81.21.21.31.01.01.20.50.70.84.04.13.84.56.76.7(%)2006年 N=66392010年 N=71172014年 N=6791〈図3〉 就職に備えて資格は必要だと思うか京都大学高等教育研究開発推進センター、東京大学大学総合教育研究センター、電通育英会による調査(2015)よりまったく必要ないまあまあ必要だと思うあまり必要だと思わないとても必要だと思うどちらとも言えない020406080100(%)2.8%5.5%12.3%43.3%36.1%3.1%6.9%13.7%43.1%33.3%4.4%7.8%14.7%42.0%31.1%2007年2010年2013年3

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る