IKUEI NEWS vol.77
22/40

講座数の多いヒューマンアカデミー㈱と、通信講座に特化した㈱ユーキャン。それぞれ特長の異なる資格取得講座を提供する2社を取材しました。ライフステージに合わせた学習支援や、生涯にわたる学びを提供するヒューマンアカデミー㈱。通学・通信を合わせ約800の講座を提供しています。そこで学ぶ学生たちは、何を目的に、何を学んでいるのでしょうか。ヒューマンアカデミー 株式会社社会人と一緒に学ぶ、学生たちの姿学生を刺激する、幅広い世代との交流 資格取得・キャリアアップを支援する専門スクール、ヒューマンアカデミー㈱。通学講座の特長について、社会人教育事業部事業戦略室チーフマネジャーの近藤貴裕さんにお話いただきました。 「当学は、平日や週末に多くの講座を開いています。受講生のコア層は、キャリアアップや転職を目指す25歳〜30歳の社会人、とくに女性の方々です。一方、当学に通う全受講生中の約1割が大学生です。資格取得・講座修了後の就職支援や履歴書の書き方、模擬面接などの基本的な就活セミナーのほか、当学に所属する心理学講師・キャリアカウンセラー講師による自己発見セミナー、現場で活躍中の当学卒業生との面談なども講座とは別に実施しています」。 大学生にとってのメリットは、「幅広い世代と交流できること」だと近藤さんは言います。 「一般的なクラスでは 10代から60代にわたる世代が、同じ目標に向かって一緒に勉強しています。これは大学では経験できないことです。年齢差はあっても、同じメンバーで何度も顔を合わせるうちに教室の外でも自然と交流が生まれ、勉強以外の悩みを相談する姿も多く見てきました。これから社会に出ていく学生にとって、人生の先輩といえる世代との交流は良い刺激となり、その方々の経あるのは、ウエディングプランナー講座とネイル講座。どちらも検定試験はありますが、就職に直結する資格が取得できるものではありません。それでも『学びたい』という強い思いを持つ、意欲的な学生が多いです」。 さらに、法人営業部部長でチーフマネジャーの江藤卓也さんは、「『積極的に学ぶ姿勢』が重要」と話します。 「私は人事部で新卒学生の採用をしていたことがありますが、自ら何かを学びたいと思ってそれに時間を費やした学生は、物事への興味の示し方や追求の深さが他の学生とは違うと感じました。就職に直結するような資格は取れなくても、そうした意識の差が、結果的に就職活動や社会人になってから生きてくると思います」。 最後に、今井さんから学生の皆さんに勧めたい講座を伺いました。 「あまり知られた講座ではありませんが、心理学をお勧めしたいです。勿論、大学の心理学の授業とは異なり実践的な内容です。社会は、人と人とのつながりで成り立っています。相手が何を考え、何を求めているかを心理学的に知ることは、将来、職場での人間関係構築や営業現場などさまざまな形で、必ず役立つと思います」。験から学ぶことも多いのではないでしょうか」。資格取得に関わらず意欲的に学びたいことを学ぶ 大学とは別にヒューマンアカデミーで学ぶ学生たちは、どのような思いを持っているのでしょうか。ヒューマンアカデミー新宿校校舎責任者の今井寛さんに伺いました。 「資格を取って就職活動を有利に進めたいというよりも、好きなことを仕事にしたいという方や、大学では学べない専門知識を就職前に身に付けたいという方が多いです。特に女子学生に人気が左から近藤貴裕さん、今井寛さん、江藤卓也さん。通学講座の様子。明日への視点「資格」と正しく向き合う自分を育てる学生生活の過ごし方1819

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る