ikueinews vol76
10/40

 「メタに上がれ!」 とは何なのか 今回のフォーラムのテーマにもある「メタ」という言葉から、私がまず連想する言葉は「メタ認知」です。メタ認知とは、自身の認知的な働き(思考や学習)を一段上から理解したり、コントロールしたりする働きのことです。ただし、俯瞰して眺めるだけではなく、コントロールするために、「どう行動するのか」という何かしらの方策が求められます。 単に「メタに上がれ」と言われても、なかなかピンとこないと思います。そこで、企業界でよく聞かれる「実践知」についてご紹介します。実践知とは、熟達した人、いわゆる経験が深いベテランが持つ実践に関する知性です。 熟達者が持っている実践知には3つの特徴があります。1つ目は、「手続き的知識」とその対象の理解を可能にする「概念的知識」から構成されているということ。物事を順番に進めていく手続きに関する知識と、似ているけれども異なる活動や手続きについて多くの知識があるということです。 2つ目は、概念的知識を持っていることで、その知識をさまざまにつなげて問題状況を適切に解釈し、自分なりのロジックを当てはめることができるということ。3つ目は、「メタ認知的知識」によって、通常の知識よりも一段高いメタ水準から知識をコントロールしているということです。 批判的思考を持って 経験を持論へと成長させる この実践知を得るためには「批判的思考」が不可欠です。京都大学大学院教授の楠見孝先生は、批判的思考をわかりやすく3つのポイントに分けて説明しています。それは、①証拠に基づく論理的で偏りのない思考、②自分の思考過程を意識的に吟味する省察的で熟慮的な思考、③よりよい思考を行うために目標や文脈に応じて実行される目標指向的な思考、の3つです。 批判的思考のプロセスは、情報の明確化から始まり、推論の土台の検討、推論、行動決定・問題解決、となっており、これらの流れを全体的に「大学教育のすすむ道: 経験で終わるな、メタに上がれ!」京都京都京都京都京都京都京都京都京都京都京都京都都都京都京都京都京都京京都都都都都都大学大大大学大大学大学大学大学大学学学学学学学学学学学学学大学学学大学大学大学学学学学学大学大大学学学大学学学学学学大大大学学大学学学学学学学大学学学学学大大学大学学学学学高高高高高高高高高高高高高高高高高高高高高高高高高高高高高高高高高高高等教等等等等教等教等教等教教等教教等教等等等教等教教等等教等等教等教教等等等教教等等育研育育研育研育研育研育研育研育研育研育研育究究開究開究開究開究開開開開開開開開開開開開開究究開開開開開開開開開究開開開開開開開究究開開開開開開開開究究開開究発発発発発発発発発発発推発推発推発推発発発発発推発発発発発推発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発発進進進進進進進進進セ進進セ進セ進セ進セ進セセセセセセセセセセセセ進進進セセセセ進進セ進セ進セセ進進進セ進セ進進セセ進進セ進セ進ンンンンンタンタンタンタンタタンタタンタンタンンンンタンンンンンンタンンタンンンーーーーー教授教授教授教授教授教授教授教授教授教授教教授教  溝溝溝溝溝溝溝溝溝溝溝溝溝上上上上上上上上上上上上上 慎慎慎慎慎慎慎慎慎慎慎慎慎慎一一一一一一講 演7

元のページ 

page 10

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です