ikuei news_vol74
36/44

たま画面下に採用情報の項目を見つけた」と、同社との出会いを語る寺前さん。漠然と惹かれるものを感じ、もともと好きだった英語を生かせることもあり、エントリーしたといいます。入社後は東京オフィスで、品質管理部門に約1年半、その後ユーザーサポート部門に約3年在籍し、現在の部門に異動しました。 これまでの8年間の勤務を通じて、人や働き方の「多様性」とそれらを尊重する大切さを感じているといいます。 「今までさまざまな国や地域出身、また色々なバックグラウンドを持った人世界中の多様な社員と協力し、クライアントからの「ありがとう」のために働く常に世界標準のサービスを提供し続け、21世紀のIT社会を支えるグーグル。同社で働く寺前さんは、パートナー企業へのサポートを通じて、ユーザーにとってのグーグルの価値を高めています。グーグル株式会社Google Play デベロッパー サポート(大学院奨学生第1期生)寺前 桜 さん「仕事中は常にパソコンを持ち歩いている」と寺前さん。資料のチェックや会議のレジュメ作成に使用しています。オンラインで完結する効率的なサポートサービス 先端企業の多くがオフィスを構える六本木ヒルズ森タワーの高層階に、グーグル日本法人はあります。今回訪問した先輩は、2008年に神戸大学大学院を修了し、同年新卒採用で入社した寺前桜さん。現在は、デジタルコンテンツを配信するサービス〝Google Play〞で、同社のスマートフォン向けOS〝Android〞用アプリを配信・販売するデベロッパーのサポート部門に所属しています。 寺前さんは、主に日本に本社がある企業のデベロッパーを対象に、トラブルシューティングを作成したり、寄せられた質問に答えたりすることで、ユーザーがより快適にアプリを使えるための手助けをしています。 「お問い合わせの内容が複雑で多岐に渡っている場合など、その場で簡単には答えが見つからない時には、世界中のオフィスにいる各担当者と連携し確認を取りながらサポートを提供しています。24時間常に世界のどこかの地域では担当者が業務中なので、複雑な問題でもすぐに知りたい答えを確かめることができます」。 世界のユーザーを見渡すグローバルな視点が必要 「グーグル検索を利用したら、たま33

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 36

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です