IKUEI NEWS vol72
6/44

大学生研究フォーラム 2015主催者挨拶大学生研究フォーラム 2015 今年の大学生研究フォーラムのテーマは、「大学教育に必要なのは『プロジェクト』か『プロジェクト学習』か」というものです。私もプロジェクト学習の授業を担当していますが、非常に頭を使うので大変だという印象があります。 本フォーラム中でも色々な先生からお話があると思いますが、私がプロジェクト学習で大切だと考えているのは、テーマや問題の外側にある、「プロジェクト空間」、「問題解決空間」というものの設定の仕方です。いま社会では、できそうもない課題、あるいはいま想定できないような課題を解決できる人材が求められています。そういう人材を育て、社会で生かしていくのが大学の責務です。 基調講演の美馬先生のお言葉を借りるならば、大学生研究フォーラム自体が学習環境としてデザインされた場だと私は考えています。このフォーラム自体を大きなプロジェクトとお考えいただき、皆さまが充実した時間を過ごされることを祈念しつつ、ご挨拶とさせていただきます。京都大学高等教育研究開発推進センター長教授飯吉 透 このたびは「大学生研究フォーラム2015」を京都大学、電通育英会、東京大学で共催させていただき、かつ、全国から実践者・研究者の方々にお集まりいただきましたことを心より感謝いたします。 東京大学大学総合教育研究センターは、本学の各部局を横断する「全学レベルの教育改革エンジン」になるべく、国内外・諸大学の活動に学びながら日々活動しております。昨今では、東京大学フューチャーファカルティプログラム(大学院生向けプレFD)や、各種MOOC(大規模オープンオンライン講座)の運営、高大連携を企図したアクティブラーニングの全国調査の実施など、さまざまな教育プロジェクトを立ち上げています。 当フォーラムは、私どもにとってもよい「学びの場」になっております。引き続き、電通育英会のご支援をいただきながら、京都大学の皆さん、会場の皆さま方と協力・連携を深め、この場を盛り上げていきたいと考えております。今後も変わらぬご支援・ご指導をどうぞよろしくお願いいたします。東京大学大学総合教育研究センター長教授吉見 俊哉 電通育英会は8年間にわたり、大学生の学びと成長について問題提起する大学生研究フォーラムをサポートしています。私も企業経営に携わっていた経験から、人材育成の難しさは常に痛感しています。 美馬先生の基調講演でもお話がありましたが、グローバリゼーションとデジタライゼーションが想像を超えるスピードで進み、あらゆる垣根が取り払われていく中で、一番当惑しているのは若い大学生だろうと思います。本フォーラムは、若者に対して、この時代を生きる指針を与えるという非常に大きな使命を持っています。そのために、いかに大学と企業が連携し、自ら能動的に学習する姿勢を持ち、失敗を恐れない活力ある若者を育てるか、学生を「真価が発揮できる宝物」に育成するための活発な議論が展開されることに期待しています。 最後に、昨年度の本フォーラムで講師をお務めくださり、本年の5月にご逝去された東京大学の三宅なほみ先生のご冥福をお祈りいたします。公益財団法人 電通育英会理事長森 隆一3

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です