IKUEI NEWS vol72
21/44

大学生研究フォーラム 2015ピースセッション1・2を受けて、各人が聴いた講演の内容をシェアし、大学に必要なプロジェクト学習について活発な議論を交わしました。ディスカッション京都大学高等教育研究開発推進センター教授溝上 慎一プロジェクトを学びに繋げるために必要なことラップアップ 大学で重視されるPBL(Project-Based Learning)には、「プロジェクト学習」が多くありますが、中には学習というより、企業や地域の活動に直結していて、本番に近い本物の取り組みと見なされているものも少なからずあります。これは学習以上のものであって、本フォーラムでは「プロジェクト」と呼びます。本日ご登壇の先生方には、様々な観点からプロジェクトの事例をご紹介いただきました。 プロジェクトを教育に取り入れる際に大切なことの一つは、何をどのように学んだかという学習のプロセスを重視することです。教育である以上、たとえ本番に近い本物の取り組みであっても、「プロジェクト学習」でなければならないというのが私の考えです。最終的に出来上がる成果物のクオリティにこだわることも大事ですが、それ以上に、リアルな課題に明確な役割を持って取り組み、いったい何を学んだのか、学びの中にチームや社会への関わりがどのようにあったかを省察することが重要です。 もう一つ大切なことは、プロジェクトを日常の学習と関連させることです。そのため教員は、プロジェクトの中で、学生が教養や専門科目の知識を活用できるように、あるいは逆に普段の学習の重要性を再認識できるように、授業を設計する必要があります。 気をつけるべきことは、リアルな現場の課題を扱う中で、その課題だけに対応できる学びを得るのがプロジェクトの目的ではないということです。どこでも使えるジェネリックなスキルに落とし込み、社会で使えるようにする必要があります。そのためには、学習のプロセスを言葉にして振り返り、自分や社会の抱える課題に適用可能か確かめる方法が有効です。 様々な方々に支えられ、本フォーラムも8年目を迎えました。これまで蓄積してきた議論を踏まえながら、来年以降もさらなる歩みを進めていきたいと考えております。18

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です