IKUEI NEWS vol72
15/44

日向野先生に質問です。どのような大学でも、リーダーシップ教育を行う必要はあるのでしょうか。日向野 私が本日お話したリーダーシップはあらゆる層の人に必要なものですから、もちろんどのような大学でも実施する価値があります。日本人にとってリーダーシップ教育はまだ一般的なものになっていないので、特に「自分はリーダーとは無縁だ」という思いを持つ学生が多いクラスでは、学生にリーダーシップが他人事ではないということを繰り返し刷り込み、その思い込みを変えるところから始める必要があります。そして、クラスの中で何人かリーダーシップを発揮する人が出てきたときに、それをお手本、先行者という風に盛りたてるような工夫が必要でしょう。大学生研究フォーラム 2015PBLにおける教員の役割は「介入」 私は大学と企業・地域を繋ぐPBL(Project-Based Learning)の授業を作っています。例えば、低年次向けのキャリア教育の授業を、高学年の学生に企画・運営させることで、授業自体をプロジェクトにしています。また、オープンキャンパス、学内就職セミナーをプロジェクトに仕立てて学生たちに運営させたり、インターンシップや地元市役所の地域活性化プロジェクトにも関わったりすることで、学生に多くの実践的な学びの場を提供しています。 いま大学では、PBLやそれに類似した学習形態の授業が多く行われています。それらの共通点は次の5つが挙げられます。①プロジェクトがカリキュラムの中心にあること。②学生を駆り立てる「問い」があること。③新しいことに挑戦して、学生が自分なりの成果を出せること。④学生が主役になって主体的に活動すること。⑤リアルな実践を伴うこと。 そういった共通点を持つ学びの中で、教員がすべきことは「介入」です。PBLの場合、学生は高い確率で困難にぶつかります。学生が主体的にそれを乗り越えるために、支援策を授業の中に埋め込むのが介入です。どのような介入で学生を主体的にさせるかが、プロジェクト学習のカギになります。PBL成功のポイントは教員・学生・企業が「腹を決める」こと ではPBLは、学生に何をもたらすのでしょうか。まず、大学で学んだ知識を実践することで、単なる知識であったものを実社会で使えるレベルに高めることができます。また、困難に打ち勝ったり、社会人を含む多様な人々と協働したりする経験から、社会で必要とされるスキルを得るとともに、自らの将来への関心を高めることができます。これは単なる就職対策や企業研究では得られない成果といえるでしょう。 PBLの授業では、たとえプロジェクト自体が失敗しても、プロジェクトの運営を通じて学生は様々なことを学びます。したがって、教員は失敗を恐れず、腹を決めてPBLの授業を設計しなければいけません。また、参加する学生にも腹を決めて企業と大学のコラボ授業:プロジェクトベースドラーニングは何をもたらすか?北九州市立大学キャリアセンター准教授(地域創生学群専任)見舘 好隆 もらうために、色々な人を巻き込んだプロジェクトにして、当事者意識とやり遂げさせるためのプライドを持たせることが重要です。そして、企業などと連携したPBLの場合、プロジェクト失敗の可能性を、企業側にも同様に腹を決めていただく必要があります。たとえ失敗しても、企業の社内活性化や採用広報の一環として役立つなどのメリットがあれば、協力は得られやすいでしょう。 いま、大学はたくさんの課題を抱えています。学生のPBLでそれらの解決を目指すという形であれば、学内の協力も得やすく、始めやすいと私は考えています。答応質疑ピースセッション1-2Q北九州市立大学のオープンキャンパスを企画・運営する学生スタッフたち。12

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です