IKUEI NEWS Vol.70
43/44

 フルート歴2年、無謀にも先日ジャズクラブで行われた演奏会に参加。演奏前はドキドキでしたが、始まると楽しくスイング? できた。緊張感と達成感を味わえたことは貴重な体験でした。これまで育英会のために尽力されたムーミンさんが3月末に退職されました。これまでの功績と長年の労に感謝申し上げます。  (ニコル) 3月には電通育英会のホームページを刷新、シンプルで判り易くなったのではないかと思っている。また4月の新年度から、大学奨学生への給付奨学金を増額し、また海外留学・活動支援制度も支援水準を上げた。このことで奨学生の皆さんがより充実した大学生活を過ごして貰えれば幸いである。 (弧舟) 初めて「修了生交流会」に参加させていただきました。全国から集まる皆さんの晴れ晴れとした顔を拝見し、久し振りにすがすがしい気分となりました。また、代表で挨拶する皆さんの挨拶は希望に溢れ大変頼もしく、社会の役に立つ人材育成という財団の意義を改めて実感することとなりました。卒業生の皆さん全員のご活躍とご多幸を祈念します。 (SCOTT) 今号の特集は「学内イベント」。テーマや目標を定め、あらゆる事態を想定し、計画を立て、役割を決め、進捗状況を把握し、課題を解決しながら、やるべきことを遂行する。社会に出たら、同じように会社や組織を背負って、事業を遂行していくのですから、ここで得た経験は将来必ず役に立つでしょう。学部やサークルを超えた仲間ができることや、イベント終了時の達成感をその仲間とともに味わえることが、一番の魅力かもしれませんね。 (瓢瓢亭) 「今号の特集内容はいかがでしたか?」といった書き出しで編集後記を8年間32回も書く機会がありましたが、これが最後となります。先月いっぱいで定年退職しました。お蔭様で充実した8年間でした。皆様の益々のご活躍を心からお祈りします。     (ムーミン)                 桜の美しい春爛漫の季節、3月に電通育英会を修了された皆様、新学年に進級した現役奨学生の皆様、4月から新たに当財団の奨学生となられた皆様、それぞれ新しい環境で、これからもたくさんの人との出会いがあるかと思います。ご自身にとって、財産となるような、素晴らしい人との出会いが数多くありますようお祈りしています。 (桜子) 奨学生の皆様、ご卒業・ご進級おめでとうございます。4月に入り、それぞれの新しいステージでスタートを切られたことと思います。新生活に少し慣れたかな、というあたりでやってくるゴールデンウイーク、この機会を利用して実家でゆっくりするもよし、海外・国内でアクティブに楽しむもよし。美しい季節の貴重な時間を、是非楽しんでください。 (茶々)ご本人の住所、電話番号、氏名、勤務先などの変更があった場合、速やかにご連絡をお願いします。●それ以外のお問い合わせはホームページ左下「お問い合わせ」、もしくは下記電通育英会事務局までご連絡下さい。〈住 所〉 〒104-0061 東京都中央区銀座7-4-17 電通銀座ビル4F 公益財団法人 電通育英会〈TEL〉 03-3575-1386/0120-138602(フリーダイヤル)『IKUEI NEWS』は希望者に無料で配布しております。無料定期購読ご希望の方は、住所変更は速やかに必ずご連絡ください電通育英会ホームページ電通育英会ホームページ左下大学給付奨学生の皆さんへ大学院給付奨学生の皆さんへ奨学金返済中の皆さんへOB/OGの皆さんへ住所等変更電通育英会ホームページからお手続き下さい。よりお申込み下さい。http://www.dentsu-ikueikai.or.jp/『IKUEI NEWS』無料購読希望受付情報発信/助成事業会報誌IKUEI NEWSの発刊購読申込み40

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です