IKUEI NEWS Vol.70
26/44

39戦後の日本の美術・工芸を守り発展させる意気を持って、金沢市民の熱意により設立された金沢美術工藝専門学校。今、伝統をベースにさらなる文化芸術都市へ変貌する金沢市の中で、アートの担い手としてその存在感を増しています。金沢美術工芸大学学長に聞くまえ  だ   まさ  ひこ前田 昌彦 学長沢美術工芸大学は美術の単科大学。学生数も約700名とコンパクトです。同大学の卒業生でもある前田学長は、「私のミッションは、大学の移転とそれに伴う将来構想の基盤づくり」といいます。金沢の伝統文化を引き継ぎ、大きく発展させ、さらに未来に思いを馳せる前田学長に、金沢と大学のこれからについてお話を伺いました。金23

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です